November 15, 2020
by

Bass isn’t as tight and precise as before but it’s still technically strong. Topping DX7sをAliexpressで買いましたので簡単にレビューを。 スピーカー(Q Acoustics Concept20J)とヘッドフォンを使い分けているわけですが、スピーカーはTEACのUD-501とAX-501で … The vocals sound a bit more to the front and while this doesn’t help for the linearity, it is a nice contrast to the more present, fuller bass. At the bottom of the unit you will find the voltage switch, there’s nothing also on the top or the sides. I have the DT 1990 Pro and they sound amazing with this. In terms of outputs, there is RCA and XLR. First of all, let’s talk about the elephant in the room: the headphone out impedance. With my laptop I tend to use the USB input, while I straight from a DAP (like the LP6) mostly use the coaxial one. This pairing is something I could listen to all day long and I’ve done so on more than one occasion. Usability? 日記・コラム・つぶやき You really feel that sub bass presence and rumble. The fact it can remember the individual volume levels of the headphone output and line output is a big deal for me because I’m always switching between headphones and speakers. For a long time, Topping’s original DX7 was my daily desktop driver. He's a big fan of tube amps and custom inear monitors and has published hundreds of product reviews over the years. Full bass, great detail and a nice soundstage. When I reviewed the original DX7 I said it was “Love At First Byte”. Windows Server 2008 In my opinion, DX7 Pro has too much gain in the headphone modules. パソコン・インターネット Neutrality, balance, clarity, speed, energy and precision are the key characteristics for this unit in this mode. When it comes to features though, the DX7 Pro definitely comes out in front. On top of that, the frequency response didn’t seem to be noticeably affected either. I connected the Feliks Audio Echo (review here) tube amplifier via the balanced XLR outputs and as expected, the results were sublime. It’s far from a natural presentation. It’s a good mix of precision and musicality where the energy factor is just high enough. More headphones will be tested later in this article. 風景写真, ESS 9018Q2Cを搭載したハイエンドマザーボードのMSI MEG X570 Unifyに聞き慣れている状況で比べてしまうと確実に音質が劣っていると感じます。, OneOdio Pro10と、24ΩのDENON AT-D1200だと、前者の方が同じ音量でも音が出にくいことが明確にわかりました。, ESS 9018Q2Cは、良いチップらしいことは知っていたが、ノイズ対策もしっかりしていたらしい。, Realtek ALC1220、ESS SABRE 9018Q2Cを搭載しているUnifyですが、, ・ESS 9018Q2よりも新しくて上位クラスで評価も高いESS 9038 Proを搭載, ・Amazonに出店する新興中華メーカーが良く使うサクラ レビューアがいないように見える, ・国内でのレビュー数は少ないが、amazonのレビューアーが情報提供してくれたので多くの欲しい情報が収集できた, Ryzen 9 3900での静音化PCの完成、およびRyzen 3000シリーズに関するAMDの裏方の邪推, Tomahawk B350にRyzen 1700から3900Xへの載せ替えで悩んだこと, https://www.gdm.or.jp/review/2019/1214/330263/4, https://www.amazon.co.jp/gp/product/B00NH11H38, https://www.amazon.co.jp/gp/product/B07BRTBRXV, https://www.amazon.co.jp/gp/product/B07L8CD69Z, https://www.amazon.co.jp/gp/product/B01FVDERV8, https://www.amazon.co.jp/gp/product/B07BWH1VLK, https://www.amazon.co.jp/gp/product/B07XQ6XD8J, https://www.amazon.co.jp/gp/product/B07PMK6M3K, https://www.npr.org/sections/therecord/2015/06/02/411473508/how-well-can-you-hear-audio-quality, Parallelを経由したWindowsのWindows Media Player 12, 人によって持っているオーディオ機器も様々ですし、機器の相性やトータルバランスも音質に大きく影響があるので、もし、皆さんの環境で、ここで紹介・評価した機器を繋げた場合、音質などの結果は大きく変わるかもしれません, 手持ちの曲の99%は圧縮音源であるWMAであり、サンプリングは44.1-48kHz、128kbpsです。このため、人によっては全く意味のない比較評価かもしれません。(追加)すべてではないですが、ところどころAmazon Music HDを使ったflac等の良い音源での評価も加えました。, Topping DX7 Proは、エージングしてから20時間ぐらいの比較評価です。. Cheers. No such issue on my Topping D90/A90 stack that I upgraded to. Next I hooked up the Phatlab Audio Chimera (review here) via the DX7’s RCA output. Copyright © 2017 primeaudio.org, All Rights Reserved. Save my name, email, and website in this browser for the next time I comment. Want find the perfect earphones for you? While some people might prefer the warmth and smoothness of the AKM’s VELVET SOUND architecture other will prefer the transparency of the Sabre. Next in line was the Sennheiser IE800S (review here). This is a unit that could either be used as an all-in-one desktop solution or integrated into a stereo system and would look equally at home in both. Bass: The lows here are more full and come in bigger. When I hooked up the Kali LP-8 speakers, I was very happy with the performance. They kind of hide the detail and precision which is more audible in single ended mode. Disclaimer: This sample was provided for the purpose of an honest review. The DX7 Pro is also physically smaller and takes up less valuable desk space. Compared to the AR-H1, Sundara is a touch warmer with similar neutrality in the midrange but slightly more subdued highs. To the right of those is the OLED display that shows useful information such as input selection, current bit-rate, volume and gain setting. The DX7 Pro is always in control and you get a … I have really loved using the DX7 PRO as a DAC for my 2nd speaker setup in my office. Topping DX7s DACとJPLAYの組合せで高音質再生を目指す! PCオーディオサブシステム構築(実践編) Topping DX7sをPCオーディオサブシステム用のDACとして試す; PCオーディオサブシステム用のミニPC BeelinkのBT3 PRO … The sound stage width, depth and the spaciousness as well as the layering in balanced mode are more impressive. Bass goes ultra-deep but it’s clean, tight, fast and precise. This means you can send the signal out to an external amplifier or to powered monitors. Would…, Thanks for the write-up! The Acoustic Research AR-H1 (review here) is a planar magnetic headphone with a clean, detailed sound. You can change the op amps, but even though the results are not optimal. Realtek ALC1220、ESS SABRE 9018Q2Cを内蔵したマザーボードMSI MEG X570 UNIFYを中心に、1月半前に買ったヘッドホンDENON AT-D1200と、先日届いた人生初のスピーカーアンプ Topping DX7 Pro、および、ここ数年で買ったノートPCやヘッドホンを繋げて、簡易的な比較をしてみました。一応、今回で、オーディオ沼からは一度抜けるつもりです。なお、今回のオーディオ系の記事は、UNIFYを買ったことから始まったヘッドホンを中心としたオーディオ機器の比較のため、UNIFYが話の中核になっています。, MSI X570 Unify >> Macbook Pro 2019 >>> Dell InspironPCの違いによる音質は、想定以上に大きな差がありました。Inspironも単独で聴くと「多少音が悪いかな」と思う程度だったが、比較するとノイズや音圧などが酷いことが分かりました。Macbookも音質は良くないと思っていたが、Inspironよりは、はるかにましです。とはいえ、Macbookも、Realtek ALC1220、ESS 9018Q2Cを搭載したハイエンドマザーボードのMSI MEG X570 Unifyに聞き慣れている状況で比べてしまうと確実に音質が劣っていると感じます。, ちなみに、この時は、DENON AT-D1200、 OneOdio Pro10 の手持ちのヘッドホン2本で評価したのだが、ヘッドホンの音質の差がハッキリと出たのも、これらのPCにヘッドホンを直接接続したときでした。さらに言えば、上記のPCが内部に持つサウンドデバイスの良し悪しにより、ヘッドホンで聞いた時の音質も大きく変わることが分かりました。DAC性能が、ヘッドホンの印象をガラリと変えるんだなぁ~。, (追記)上記のヘッドホンの評価は、圧縮音源を使っての比較だったけど、Amazon Music HD系で良い音源、聴き慣れたJPOPで聞き比べてみると、同じMSI X570 UnifyでもDENON AT-D1200 > OneOdio Pro10と、明確な差が出るようになった。同じ、DACや音源が変わるとヘッドホンの印象が評価も変わるというのは面白いね。, DX7 Proのエージングが全く進んでいない時点での、素人の個人評価です。なお、Topping DX7 Proの購入した最大の理由は、この聴き比べでした。ESS SABRE 9018Q2Cを積んだUnifyと比べると、ES 9038 Proを積んだ DX7の方が音の範囲が広く、音もクリアになるようには感じます。ただし、劇的な差はないではないと感じました。音質を決めるファクターは多段階にあるため一概には言えないですが、「9018の上位機種である9038 Proだから、音質が素晴らしくなった」と感じるほどの差はありませんでした。どちらかといえば、どこかのサイトで読んだ「DACの違いは、音質の差ではなく、個性の違い」という表現が、感想に近いですね。(追記)1週間ほど経ち、かつ、Amazon Music HDで24bit 96Hzで聴き慣れたJPOPの曲を数曲聞き比べてみましたが、若干DX7 Proの方が、音が深く、色々な音が聞こえてくる感じです。素人なので言葉がうまく出てきませんが…。とはいえ、これはUnifyに繋いだ時の話。DX7 Proを、Macbookに接続すると大きく、Inspironに接続すると劇的に音質が良くなるのは間違いなしです。ちなみに、主に比較に使っていたヘッドホンDENON AT-D1200は音が柔らかになる感じで音域もそれほど広くないヘッドホンなので、音がクリアーかつ音域が広くなるDX7とは相性が良くないかもしれないと感じました。音質の目指す先の違いというべきなのでしょうか?試したわけではないですが、D1200と比べて、インピーダンスが高く、再生周波数帯域も広い、開放型のモニターホンなら、DX7をより有効活用できそうな気がします。初めてのヘッドホンアンプなので、初めての体験ですが、ヘッドホンとインピーダンスと音量の関係がハッキリと感じました。ヘッドホンアンプ側を同じ音量にした場合、インピーダンスが32ΩのOneOdio Pro10と、24ΩのDENON AT-D1200だと、前者の方が同じ音量でも音が出にくいことが明確にわかりました。, なお、現時点でのDX7 PROは、安くて、品質が微妙な中華製品ではなさそうで、良品質だと感じています。, 初めてのバランス接続とアンバランス接続Topping DX7 Pro、NOBUNAGA Labsの赤橙、DENON AT-D1200を繋げて、バランス接続で聴いてみました。初めてのバランス接続の体験でしたが、音質は若干良いとは感じるものの、ファーストインプレッションとしては微妙な差ぐらいでした。今回使っているDENON AT-D1200はDENON公式のバランスケーブルがないようなので、NOBUNAGA Labsの赤橙というケーブルでリケーブルして使っていますが、バランス接続の差なのか、ケーブルの差なのか、よくわからない状況でした。, ただし、試した曲数も少ないし、圧縮音源が多いです。DX7 Proも赤橙もエージング中です。さらに、あるブログ記事で「はじめはバランス、アンバランスの差が分からなかったが、長期にわたりバランス接続で慣れた後にアンバランスで聴くとずいぶんと違うことが分かる」というようなことを読みました。まだまだ、評価には早いのかもしれません。, ハイレゾ対応機器が一通りそろったので、DSDで聴いてみることにしました。これまでは、「音楽なんかミキサー経由でいいじゃん。どうせ音楽プレイヤーでの音楽再生以外にも、動画プレイヤーでの動画再生、ネットでの動画再生、Gameでの音の再生などがあるんだから、いちいちサウンドデバイスを切り替えるなんて面倒」という考えでした。ただ、ヘッドホンをD1200に新調したり、スピーカーアンプであるDX7を買ったりしたのは、すべては音質向上の環境を整えるためなので、今回はミキサーを通さず、音楽は音楽だけ聴く環境にしてみました。なお、DSDを聞くには、ASIOとかWASAPIなども使える準備が必要らしいですね。今回のスピーカーアンプ購入まで、DSDは単語レベルでしか知らなかったので、ASIOやWASAPIはサウンドデバイスを占有する面倒なもの、という認識ぐらいのものでした。さらに、DSDを聞くには、「専用プレイヤー(場合によってプラグインも)」、「音源」の2つが必要らしいですね。foobar 2000はプラグインを入れれば、Tunebrowserは設定を変えれば、DSDが聞けます。さらに、どちらのプレイヤーでもプラグインの追加や設定変更により、音源がなくてもアップサンプリングしてくれるので便利ですね。ちゃんとした音源がないためアップサンプリングしたものですが、DSD経由で聴くと、微妙にですが、音質は向上しますね。サンプリングを高くしすぎると少し耳が痛くなりますが、DSD+アップサンプリングはいいかもしれませんね。, 色々と試しましたが、MSI MEG X570 UNIFYはハイエンドマザーボードらしく音の面でも優秀だったんですね。UNIFYのRealtek ALC1220、ESS 9018Q2Cは、良いチップらしいことは知っていたが、ノイズ対策もしっかりしていたらしい。, 6万円超のスピーカーアンプ Topping DX7 ProをMacbookなどのノートPCに繋げると大きく音質が改善されます。ただ、今回の比較評価で、自作PCで用いた3万円程度のハイエンドマザーボードUNIFY単独でも、かなり良い音が出ていたことを知るきっかけとなりました。(追記)とはいえ、Amazon Music HDで、Ultra HDの音源で聴くと、音質もDX7 Pro > UNIFYになることもあると感じます。, Realtek ALC1220、ESS SABRE 9018Q2Cを搭載しているUnifyですが、直前のマザーボードMSI B350 Tomaworkと比較評価できなかったのでそのフラストレーションが今回のオーディオ沼に入る一因でした。もう一台組めるほどのPCパーツがないため、UnifyとTomaworkを比べることはできませんが、もし比べたらUnifyが優位な結果が出たかもしれません。, これは素人意見ですが、オーディオマニアでない人が、既に音にもこだわっているDAC搭載のハイエンドなマザーボードを利用しているのなら、あえて外付けのUSB-DACを買う必要はないのかもしれません。, foobar 2000やTuneBrowseで音楽ファイルをDSDで聴くと、細かい部分で音がきれいになっていることも感じられますの、USB-DACの価値もないわけでもありません。特にノートPCで良い音を聞きたい人は、USB-DACはあっても良いと思います。, とまぁ、初めて買ったUSB-DACであるTopping DX7 Proが届いてから1日未満で、手元のオーディオ環境を用いて比較評価した、素人の個人的な評価でした。なお、数か月後、Topping DX7 Proや赤橙のエージングが進み、サンプル曲数も増えた時点で、評価が大きく変わるかもしれません。あくまで現時点での評価でした。, 投稿者 niyo 日時 2020年9月27日 (日) 12時27分 | 固定リンク In the middle on the unit, the centred small screen and on the right the volume control/selection knob. The comment form collects your name, email and content to allow us keep track of the comments placed on the website. I'm a former hip-hop DJ / turntablist and hobbyist music producer. This is another example of great synergy between a headphone and DAC. 【HiFiGOレビュー】デスクトップDAC/アンプ Topping DX7 Proのレビューまとめ - audio-sound @ hatena 2020年4月 この記事はTopping DX7 Proについてのレビューを集めたものです。 For this section I used the Hifiman Ananda (warmer) and Susvara (reference) as main headphones, with the DX7 Pro as DAC/AMP. The sound signature is balanced an very linear and the sound isn’t boosted in any way. So if that’s your cup of tea ok, but be aware what you’re buying. Treble: the higher region is clean and clear and also comes with the right amount of air and spaciousness. However, I didn’t have any problems even with my most sensitive earphone, which we’ll cover in detail below. An excellent test track is “In this Moment – You’re gonna listen”.

ハイパースキン脱毛 効果 ブログ 18, 小学校 遅刻 病院 4, ベンツ ゲレンデ ブラバス 5, ホンダ シャトル 7人乗り 4, Suspect Speculate 違い 10, Twitter 埋め込み 表示されない Iphone 4, 黒い砂漠 加工 レベル上げ 9, ハワイ島 ヒロ 気温 11, フレンドフロム ファラ ウェイ ピアノ 11, Sql Update 空文字 5, Cod Mw 命中率とは 45, 武内 駿輔 変わった 4, 布団乾燥機 アタッチメント 自作 4, 顔 縦横比 テストステロン 16, サンウェーブ Bbh 3 4, Dmr Br160 Hdd換装 4, Psプラス フリープレイ 8月 4, Googleフォト 動画 ダウンロードできない 9, 太陽は動かない 2 話 6, Kjs 熊本 バスケ 7, インスタ 音楽 ダウンロード 4, パーフェクトワン Cm 女優 8, デリカ 新型 中止 37, 嵐 会員数 中抜け 5, Windows Update のクリーンアップ Windows10 4, ボカロ 歌いやすい 低音 24, 身丈 10cm 長い 6, 大学 成績 覆る 22, 返金 封筒 書き方 45, 華北 江南 どこ 4, Mini R55 空気圧 6, 閉店 しそう なイトーヨーカドー 9, アウディ A3 スポーツバック カラー 5, ダイソー メガネクリーナー 成分 7, パート シフト希望 無視 4, アイスボーン 12月 リーク 13, 告白 保留期間 男 49, Autocad モデル空間 回転 5, Ccna コマンド 暗記 7, 看護学生 プリンター おすすめ 8,

Comments are closed.