November 15, 2020
by

楽天大好きの副業FPブロガーです。 生命保険と自動車保険を同じ保険会社にしようかと考える人はあまりいませんよね。つみたてNISAとiDeCoも全く別物なので分けて考えるべきです。, しいてメリットを挙げるとすれば、証券資産と年金資産をひとつのIDで管理できることくらいでしょうか。, とはいえ、つみたてNISAとiDeCoも長期の資産形成を目的としているため基本的にほったらかし運用になるはずです。, そんな頻繁にログインする必要がないためIDが1つだろうが2つだろうが大して変わりません。, しかもブラウザがID&パスワードを記憶するならログインの手間ってたった1クリックですからね。ほぼ気にならないレベルです。, つみたてNISAとiDeCoの証券会社を使い分けると口座管理手数料などがダブルでかかるんじゃないか、と思うかもですがつみたてNISAには口座管理手数料はかかりません。, 口座管理手数料はiDeCoを利用する場合に発生するだけなので、つみたてNISAと同じ証券会社だろうが使い分けようが手数料負担は変わりません。, なお、投資信託のランニングコストである信託報酬は別途かかりますが、信託報酬は運用会社への報酬のため証券会社による違いはありません。, つみたてNISAとiDeCoの証券会社を使い分けるべき理由はそれぞれで最適な証券会社が異なるからです。, スマホだとよく見えないかも(画像クリックで出典サイトへジャンプします)ですが、20年スパンでの平均リターンは全体平均だと4.05%になります。, という感想は一旦置いといて、インデックス投資は4%の平均リターンが取れれば上出来です。5%超えたらバンザイしていいです。, そんな中、積立てた段階で無条件に1%リターンが出るのは控えめに言っておトク過ぎです。, 実際につみたてNISAを上限(毎年40万円を20年間積立)まで利用した際に得られる楽天ポイントは8万ポイントに達します。, 8万ポイントを多いと感じるか少ないと感じるかは人によりますが、楽天証券は楽天ポイントでも投資信託が買えます。, つみたてNISAで得たポイントを全て投資信託の購入に充て、年4%で運用できたら元本8万ポイントが約12万ポイントにまで膨らみます。, 僕が2019年の1年間で貯めた楽天ポイントが約10万ポイントだったので、つみたてNISAを楽天証券で運用するだけで1年分以上の楽天ポイントがもらえるわけです。, さらに言うと、楽天証券は投資残高10万円につき毎月4ポイントもらえる制度もあり上限まで積立てると20年で約38,000ポイントもらえます。, 楽天会員なら口座開設も超カンタンなので早めに口座開設してイージーモードでつみたてNISAを始めてみてはどうでしょう。, なぜならSBI証券はiDeCoの商品ラインナップにeMAXSIS Slimシリーズがあるからです。, eMAXSIS Slimシリーズは、”とことんコストを追及する投資信託”というコンセプト通り、常に最低水準のコストを維持しています。, 以下の表は、ネット証券ツートップのSBI証券と楽天証券における分類別の信託報酬最安ファンドです。, 信託報酬とは、”純資産総額に対して年x%”といった形で投資信託を保有している間かかるランニングコストです。, 楽天証券の商品ラインナップも決して悪くはありませんが、eMAXIS Slimシリーズと比べると少し割高に見えてしまいます。, かつての自分もそう思っていたので、例として以下の条件で拠出した場合のランニングコストを試算してみました。, ◆拠出額 年276,000円(会社員の上限額) つみたてNISAやiDeCoをどこの証券会社で始めるかはとても重要ですよね。併用するなら同じ証券会社がいいのか別々でいいのかで悩んでいる方のために、つみたてNISAとiDeCoを同じ証券会社にする必要性とオススメの証券会社を纏めました。 有益な情報の発信と、学んだ知識のアウトプットを兼ねるためブログ運営に精を出しています。, つみたてNISAとiDeCoの証券会社を使い分けるべき理由はそれぞれで最適な証券会社が異なるからです, 楽天証券は投資残高10万円につき毎月4ポイントもらえる制度もあり上限まで積立てると20年で約38,000ポイントもらえます, 元本確保型でも拠出した分は所得税&住民税の節税効果を得られるため何もしないよりはよっぽどマシだと思います, eMAXSIS Slimシリーズによる信託報酬の差以外はSBI証券も楽天証券も変わりません. ◆信託報酬の差 0.0652% 節税メリットのある個人型確定拠出年金のiDeCo(イデコ)と、少額投資非課税制度のつみたてNISA(積立NISA)で悩んでいませんか? 「イデコ」も「つみたてNISA」も 税金対策になるおすすめ制度 ですが、「どっちがいいの? ◆拠出年数 30年 ◆運用益の再投資分は加味せず元本のみで試算, 上記条件だと、30年間で負担する信託報酬の差は83,677円になりました。これに運用益も乗っかると9万円は超えると思います。, これが会社員ではなく自営業やフリーランスの方だとiDeCoの拠出上限額が年816,000円になるので信託報酬の差は247,394円まで広がります。, たった0.0652%の差ですが信託報酬は投資信託を保有している間は常にかかってくるコストなので、iDeCoのような長期で大金を運用する場面ではチリが積もって山になりやすいです。, iDeCoの本質はじぶん年金なので株式や債券といったリスク資産だけでなく、定期預金や年金保険の元本確保型の商品もあります。, 元本確保型なら上記で懸念した信託報酬はかかりませんが、僕はiDeCoで元本確保型はおすすめしません。, なぜなら元本確保型はリスクを取らない代わりにリターンがほぼゼロなので、”運用益が非課税”というiDeCoの大きなメリットがひとつ無駄になるからです。, 先ほど登場した「主要インデックスのリターン」の図を見るとわかりますが、長期のインデックス投資なら高確率でプラスになることは過去のデータで明らかです。, 暴落を食らっても基本的に世界経済は成長していくものなので、多少のリスクは背負いつつ低コストのインデックスファンドで非課税メリットを享受した方がいいですよね。, とはいえ、元本確保型でも拠出した分は所得税&住民税の節税効果を得られるため何もしないよりはよっぽどマシだと思います。, eMAXSIS Slimシリーズによる信託報酬の差以外はSBI証券も楽天証券も変わりません。, iDeCoだけで考えるとマネックス証券もeMAXSIS Slimシリーズがあって口座管理手数料が171円なのでSBI証券と互角ですが、上記を加味するとSBI証券の方が有利になります。, なお、楽天証券とSBI証券については以下の記事で詳しく比較しているのでよかったらご覧ください。, SBI証券のiDeCoは、「セレクトプラン」と「オリジナルプラン」の2種類ありますが、違いは商品ラインナップだけです。, eMAXSIS Slimシリーズはセレクトプランにしかないので必ずセレクトプランを選ぶようにしましょう。, もしどうしてもつみたてNISAとiDeCoを同じ証券会社にしたい場合は、楽天証券をオススメします。, なぜなら、楽天証券の口座と楽天カードがあればつみたてNISA以外の場面でも楽天ポイントが貯まりやすくなるからです。, 楽天経済圏には”楽天SPU”というポイントアッププログラムがあり、楽天サービスを利用するほど楽天市場での買い物に対するポイント還元率がアップします。, ※ポイント投資はつみたてNISAと一緒に一度設定してしまえばカンタンに自動化できます。, 他にも楽天カード決済で+2%になったり楽天銀行から引落しで+1%になるので僕は極力楽天系に集約した結果、常時7.5%還元で買い物ができるようになっています。, なお、楽天ポイントの効率的な貯め方は以下の記事でも解説しているのでよかったらご覧ください。, 今回は、つみたてNISAとiDeCoを同じ証券会社にするべきなのかについて解説しました。, とはいえ、楽天証券もSBI証券も取扱商品が多く手数料も最安水準の素晴らしい証券会社です。, また、つみたてNISAもiDeCoも節税メリットが大きく我々庶民の財布にやさしい制度です。, 同じ証券会社だろうと別にしようと、思考停止して何もしていない人と比べたら20年後の資産には大きな差が開いてることと思います。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, はじめまして! 変額保険はつみたてnisaと似ており、毎月定額で積み立てることができる金融商品です。変額保険は、以下の2つを1つの金融商品で実現できるために、現役世代の心をつかみやすい特徴を持っています。 死亡保障・高度機能障害保障 将来に向けた資産形 テツログ運営者のテツと申します。 ◆投資先 将来への資産形成に、確定拠出年金のidecoや、非課税投資のnisa、そして、2018年1月からはじまった積立nisa(つみたてnisa)といろんな税優遇制度があります。まずは、こうした制度の概要を知って、活用しながら、効率よく資産を増やし お金に無頓着だった自分を見つめ直し、『このままじゃマズいっ!』と考え2級FP技能士を取得しました。 ・SBI証券⇒eMAXSIS Slim米国株式(信託報酬0.0968%) 将来への資産形成に、確定拠出年金のiDeCoや、非課税投資のNISA、そして、2018年1月からはじまった積立NISA(つみたてNISA)といろんな税優遇制度があります。, まずは、こうした制度の概要を知って、活用しながら、効率よく資産を増やしていきたいですね。, 我が家は、夫婦そろって、NISAとiDeCoを活用しています。制度開始当初は、デメリットの方が目についてしまい、活用していませんでした。, これから、貯金だけではなく、お金にも働いてもらいたい・・副収入を得たいという方は、活用すべき制度と言えます。, 株式投資や投資信託を投資して、利益が出た場合、その利益に対して20%の譲渡所得税が取られてしまいます(復興特別所得税除く)。, 例えば、保有株の値上がりで売却益が10万円出たとしても、2万円は税金として持って行かれるんです。手取りは8万円です。, それが、NISAをりようすると、税金がタダになるんです。大きいんですよね、これが。, NISAの場合は、年120万円×5年間(合計600万円)、積立NISAの場合は年40万円×20年間(合計800万円)の投資分が非課税となります。, 先ほど言ってたように、NISAの大きなメリットが値上がり益が非課税になることです。, 非課税期間の5年間を持ち続けた場合、課税口座に移るとその時点の価格からで判断して、課税か課税されないかを判断します。, NISAを利用しなければ、120万円が170万円になった場合、50万円に対して課税されます。, これがNISAを利用し、5年後に150万円になって課税口座に行った場合、150万円以上の場合に課税されるので、30万円分はお得です。, NISAを利用して、5年後に値上がりしている場合はいいのですが、問題は値下がりしている場合です。, この場合、120万円(NISA)→100万円(5年後、課税口座)になった場合、110万円に値上がりすると、当初購入価格よりも低いのにも関わらず、課税されるという現象が起こります。, 5年保有を考えれば、リスクにもなるなぁと。あとは、気持ちの問題。値下がりしているにもかかわらず、課税されるというのが・・・ね。, 値下がりリスクの低く、配当の高い企業(三井住友銀行やKDDIなど)に投資をしています。, また、大きく値下がりをしない企業に投資することで、安全運転をしようというのが魂胆です。, 掛け金が税控除の対象となるので、節税できるんですよね。節税額は年収に応じて違いますが、積立する掛け金×税率分が確実に安くなるのです。, それでも、積立が厳しくなれば掛け金を下げることもできるので、始めて見ることにしたのです。, 60歳まで引き出せないため、例えば、月に3万円貯金している人が23,000円をiDeCo積立に振り向けるというのは危ないです。, また、生活防衛資金として、生活費×2年分くらいの貯金を確保してから始めるほうがいいですね。, また、大和総研のレポート「2018 年、つみたて NISA(積立 NISA)導入でNISA はこう変わる 」(読んでおいてよかったです)によると、, 現行 NISA と積立 NISA の投資枠は「年ごと」に選択制であり、同一年において現行 NISA 及び積立 NISA を併用した投資は行えない, そして、今NISAで保有している株式資産について、積立NISAを利用したとしても、そのまま継続保有することもできます。, 2018 年から積立 NISA の利用を開始しても、2017 年までに現行 NISA 内で購入した上場株式等については、その非課税で保有できる期間(5 年間)が終了するまでは継続して保有できる。, また、2018 年分の投資枠については積立 NISA で投資を行い、2019 年分の投資枠については現行 NISA で投資を行うといったことも可能である, ただ、積立NISAの場合、ETFと投資信託(主にインデックスファンド)に商品が限られるため、『積立を続ける』というスタンスになるため、現実的にはする人は少ないのかなと思います。, ちなみに、積立NISAは、基本的にインデックスファンドが投資対象となり、アクティブファンドは限られます。, 私は、このうち2本「ひふみ投信」と「セゾン資産形成の達人ファンド」に、積立投資を続けています。SBI証券では、積立のバリュエーションが増えたので、早速始めました。, NISAやiDeCo(イデコ)を利用して、節税する。私には関係ないでしょ?って思わず、お金を増やしていくためにも、少額でもいいので、コツコツと利用するのが賢い方法です。, 我が家は、NISAもiDeCo(イデコ)もデメリットばっかり気にしてしまい、使っていませんでした。, ただ、デメリットを自分のなかで大きくし過ぎてしまい、メリットを見ないのは良くないことでした。, メリットとデメリットを両方知ったうえで、メリットを活かしていけるように実践していくことが少しでも資産を増やすことでは大事ですね。, ふるさと納税、貯金ネタ、節約、株式投資、住宅ローンなど会社員の気になるマネー情報を発信。ぜひフォローしてください。, ※ 当ブログでは、具体的な銘柄や投資信託について言及することがありますが、売買の推奨等を目的としたものではありません。最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします。, 子育てしながら、資産1億円をめざして、お金を増やす、減らさないことを考えるブログを運営。, ふるさと納税歴5年。お得なふるさと納税情報も発信しています。 株式投資では配当金再投資をメインに、不労所得を増やす方法を取っています。, 子育てしながらお金に関して考えるブログ。配当金・株主優待・ふるさと納税を主に発信。, 将来も不安だし、少しでもお金を増やすために、投資でも始めてみようかと思っている方向けです。 投資する際にメリットのある「NISA」と「つみたてNISA」で迷っている方に、この両制度の違いやどのように使えばいいのかを解説していきますね。, 公的年金は、若い人から年金受給者への仕送り方式ですので、自分で運用することはできません。 将来の人口減少を考えると、若い人が減り、高齢者が増えていきますので、年金額の減少も懸念されています(高齢者のピークは2045年頃でその後減少します), つみたてNISA(積立NISA)が2018年より始まりました。 年40万円×20年間=合計800万円分の投資の売却益などの利益に対する税金が非課税になる制度です。 現行NISAは年120万円×5年で最大600万円なので、非課税枠としては, 年末調整の時期ですね。 個人型確定拠出年金の加入者が公務員や専業主婦にも拡大され、政府や金融機関もガンガンPRしているので、加入された方も多いのではないでしょうか。 我が家も夫婦揃って、個人型確定拠出年金(愛称:iDeCo)に加入しまし, 株式投資は有効な資産形成の方法ですが、売却益や配当に20%の税金がかかりますね。 一定金額までの投資に対して、その税金を非課税にしましょうというのが、NISA(ニーサ)です。我が家も途中から積極的に利用する方針に切り替え、利用しています。, 個人型確定拠出年金(iDeCo)は、現役時代の節税と運用益の非課税、受取時の税優遇があり、人生100年時代を踏まえ、利用しておきたい制度です。 色んな金融機関がiDeCoを取り扱っていますが、銀行や生命保険のiDeCoはすべて無視して構い, 未成年者証券口座は特定口座(源泉徴収なし)がよい?ジュニアNISAをよりも使い勝手が良いかも。.

ピレリ P8 評判 29, 210系 クラウンアスリート 純正ホイール 価格 11, プレミアプロ 光 エフェクト 5, 看護実習 学んだこと レポート 書き方 7, Not Too Bad 意味 4, 赤ちゃん 縦抱き 好き 理由 16, Word 2段組み ずれる 15, 第五人格 一番くじ 2020 5, レブル250 フロントフォーク 錆 5, これから の二人は どうなる 無料占い 5, 花のち晴れ 1話 Dailymotion 16, すだれまつげ 似合う 顔 4, 家政夫 のミタゾノ 視聴率 7, 楽天モバイル Iphone8 購入 16, パディ67 ブロック 退会 58, 一 番 悪い 大学 21, マインクラフト Mod 入れ方 9, 50プリウス 時計 設定 11, ライズ フロアマット オートバックス 6, 元気 明るい キャッチコピー 43, 滑車 を使うときの仕事 考察 12, Dpp4 ネガポジ 反転 36, 甲殻類アレルギー 食べて は いけない もの 10, 送り状 納品書 テンプレート 14, 岸優太 ジャニーさん エピソード 21, Dmr Bw690 ファームウェア 6, Firebase 顔検出 Android 5, Usb 書き込み禁止 解除 5, 定款 雛形 法務局 9, 荒野行動 フレンド 出て こない 5, ポケモンgo レイドパス リモート 6, ディビジョン2 ワシントン 戻れない 8, 自転車 タイヤ リム サイズ 4, ダルメシアン柄 流行り いつまで 9, Ryoya Takashima 年収 7, 妻が書く お礼状 例文 7, テラスハウス 湘南 家 現在 12, Teams いいね 集計 8, 猫 金玉 なんj 15, 通勤手当 自宅 以外 4, 黒い砂漠 セレス ドロップ 18, 純正ツイーター 交換 配線 9, オスモカラー キシラデコール 比較 13, Ff14 イヤリング おしゃれ 43, シティーズ スカイライン フル スクリーン 8, 体 手で洗う 体臭 5, ヒラキ 店舗 埼玉 4,

Comments are closed.