November 15, 2020
by

8891新車Mazda/馬自達 CX-5頻道為您提供Mazda/馬自達 CX-5汽車的新車價格,新款車型,深度解析,規格配備,實拍圖片,車友評價,專業試駕等內容,幫助您多角度、客觀的瞭解這款車。【圖】 来年1月に初回車検を迎える我が家のCX-5タイヤ。バッテリーと高額消耗品の交換時期が一気にきてしまいました。タイヤは事前に想定していましたが、バッテリーが3年経たずに交換するタイミングが来ることは想定していませんでしたので... 先日、予約を済ませて1月9日のAMで車検を受けに行ってきました。 そういえば、和歌山の軽自動車検査協会は何度かラインを通った記憶がありますが、登録車の和歌山陸運局のラインを通るのは初めてです。 ま、やることは同じですから... CX-5のダッシュボードの異音対策を施しました。段差を超えたりする際に「カタカタ」とダッシュボード奥の方から聞こえてくる異音です。前期モデルで対策を施して効果があった対策を後期モデルでも試して見たところ、効果ありで異音は解消されました。, セローを買うか?CRF250Lを買うか?悩んでいるときにCRF250Lを買うべき理由とは?, バイクの自賠責保険の支払いにクレジットカードを使う方法/i自賠やネットde保険@バイク, クルマの鍵の電池交換は自分で!マツダ アドバンスドキーの電池交換を自分でやってみた, ワークマンでネックウォーマーを衝動買いした|ストームシールドネックウォーマー|17365. 硬いメディア(鉄・アルミ粉、樹脂ビーズ、クルミ等)で行うと、取り忘れがあるとバルブシートの挟まる可能性があります。, ドライアイスペレットは柔らかい粒状で放置すると昇華して気体に変わり消えていきます。残留の可能性はゼロになります。, おそらく往復数万円の交通費を掛けてまで来店いただいたオーナーさんも、ガスケットの再利用など望まないでしょう。, 運転席にあるODB2のコネクターにスキャンツールが接続できれば、特に支障はありません。, 当日は天王寺→新世界→難波→道頓堀→心斎橋と、ベタベタな大阪観光コースを歩いて堪能したそうです。. 2016年に和歌山県に移住。 © 2019 CARTURE 車勢文化. マツダ cx-5は大人気のクロスオーバーsuvで、世界的にそのデザインと独自の技術が評価されています。 新世代のマツダ車を牽引するcx-5ですが、この車の走行距離の限界ってどのぐらいなのか、気になるけれどよくわかりませんよね。 All Rights Reserved. All rights reserved. ・燃費は車の表示で20リッターを少し超えた位でした。施行前よりも2キロ~3キロ位良くなってます。新車の時と変わらない感じになったと思います。, 茨城県からマツダ CX-5。 DSCで煤除去作業。 DSC+大阪観光+伊勢神宮参拝もアリですよ~。, マツダ スカイアクティブ2.2D DSCで煤除去作業&ATF圧送式交換。 陸送プランも好評です。 発信元はこのブログのみですよ~。, 東京都からはクラウン GRS182。 ATF完全圧送式交換&DSCで煤除去作業。リフレッシュプランと同時に作業しました。, 11月のリコール以降の問い合わせも一段落。  マツダ CX-5 スカイアクティブD DSCで完全煤除去作業。, ハイエース KDH206 ATF完全圧送式交換 for NUTEC NC-65 全化学合成ATFで交換しました~。, スバル フォレスターSJG ガソリン直噴エンジン煤除去作業。 DSCドライアイス洗浄とATF完全圧送式交換。, マツダ CX-3 スカイアクティブ1.5D DSCでインテーク系の煤除去作業。ATF圧送式交換はNUTECニューテック。, スバル レガシィBM9 リフレッシュプラン。10年10万キロ時のリフレッシュ整備  後編。エンジン整備とCVTF交換、ホイールアライメント調整。, スバル レガシィBM9 リフレッシュプラン。10年10万キロ時のリフレッシュ整備。前編. 從現行CX-5上市至今和已進行多次細部更新來看也到了進入新世代時程,然而隨著新開發的直六引擎資訊漸趨明朗,及先前Mazda公布的策略方針,近日外媒便有消息傳出,新世代CX-5將有能會與Mazda 6相同,皆會搭載3.0升六缸Skyactiv-X和48V引擎系統,擁有285hp最大馬力,另外也還有3.3升柴油引擎,除此 … スカイアクティブD(クリーンディーゼル)とは?欠点2つ!不具合や故障が多く耐久性に難あり?!, (クリーン)ディーゼルのメンテナンスのポイント5つ!費用や水抜き、アドブルーまで解説!, ガソリンエンジンとディーゼルエンジンの違い3つ!比較すると熱効率や寿命が全然違う?!. 今回cx-8に改良型skyactiv-dが搭載されるとの事ですが、短距離走行の繰り返しによる諸々のデメリットへの対策はされているのでしょうか? 競合他社への競争はもちろん、従来型で多くのリコールと対策を重ねて、2年前のディーゼルショックの後という事もあり、かなり手を加えられたようです。 Copyright2009 MINATO Car meintananceShop. 8891新車為您提供Mazda CX-5規格配備資訊:包含新車售價、車身尺碼、汽車動力、汽車底盤、外觀配備、內裝配備、安全輔助等精準的車型資訊。 dscで煤除去作業。 東京都からはクラウン grs182。 atf完全圧送式交換&dscで煤除去作業。リフレッシュプランと同時に作業しました。 11月のリコール以降の問い合わせも一段落。 マツダ cx-5 スカイアクティブd dscで完全煤除去作業。 マツダ スカイアクティブ2.2D DSCで煤除去作業&ATF圧送式交換。 陸送プランも好評です。 発信元はこのブログのみですよ~。, マツダ アテンザワゴン DSC&ATF交換依頼。 スカイアクティブ2.2Dのオススメ整備メニュー。, 『マツダCX-5 DSC 特大号』  ATF圧送式交換 と 煤除去作業。  NUTEC最高峰ATF 『NC-65』, マツダ CX-5 スカイアクティブ2.2D  ドライアイス洗浄でインテーク煤蓄積を完全除去。 ATFはNC-65で圧送式交換。, マツダ スカイアクティブ2.2D 吸気系の煤蓄積。 アテンザ/アクセラ 同じE/Gでも乗り方違いで蓄積も変わる。, ハイエース KDH206 ATF完全圧送式交換 for NUTEC NC-65 全化学合成ATFで交換しました~。, スバル フォレスターSJG ガソリン直噴エンジン煤除去作業。 DSCドライアイス洗浄とATF完全圧送式交換。, マツダ CX-3 スカイアクティブ1.5D DSCでインテーク系の煤除去作業。ATF圧送式交換はNUTECニューテック。, スバル レガシィBM9 リフレッシュプラン。10年10万キロ時のリフレッシュ整備  後編。エンジン整備とCVTF交換、ホイールアライメント調整。, スバル レガシィBM9 リフレッシュプラン。10年10万キロ時のリフレッシュ整備。前編. mazda cx-5 全方位新進化 駕馭細膩升級 我們深信,每分細節都盡善盡美, 駕馭才臻至完美。因此我們持續進化每個細微之處, 期待你與 cx-5 的初相遇,就能驚豔於他的洗鍊姿態;沉浸在車室氛圍,優雅精緻的內在能觸動你的不凡品味 暇があったら機械モノに触りたい。でも根っこは田舎者なアウトドア派 ホーム » not_global » 2.2LスカイアクティブディーゼルのEGR 煤 CX-5 アテンザ アクセラ 取り付けて1ヵ月経ちました、 EGR制限プレートを装着して 2000キロくらい走りました。 © 2020 カーブロ All rights reserved. All Rights Reserved. 『マツダcx-5 dsc 特大号』 atf圧送式交換 と 煤除去作業。 nutec最高峰atf 『nc-65』 マツダ cx-5 スカイアクティブ2.2d ドライアイス洗浄でインテーク煤蓄積を完全除去。 atfはnc-65で圧送式交換。 マツダ スカイアクティブ2.2d 吸気系の煤蓄積。 cx-5が登場してガソリンのcx-5の4wdを即買いしました。で、初回車検前にcx-5にマイナーチェンジがあり、マイナーチェンジ後のディーゼルモデルに車両を入れ替えました。初期の不具合もある程度でてそろそろ新しいディーゼルエンジンも大丈夫だ バイクはホンダ CRF250L Copyright2009 MINATO Car meintananceShop. CX-5はマツダの中型クロスオーバーSUVで、新時代のマツダを象徴する車の1つです。 今回はそんなCX-5の故障に関してご説明します。 目次1 CX-5の故障率1.1 マツダの自動車耐久品質調査1.2 CX-5の信頼性 … CX-5にマイナーチェンジがあり、マイナーチェンジ後のディーゼルモデルに車両を入れ替えました。初期の不具合もある程度でてそろそろ新しいディーゼルエンジンも大丈夫だろう。。, 流石に車検前にバッテリーの交換が必要になるとは思っていなかったのでなかなか痛い出費が発生しました。, CX-5のガソリンの4WDのモデルを購入して、売却するまで走行距離としては7万キロ弱ほど乗りました。CX-5 20S 4WDのブラックでした。, 営業車としても使っていたということもあり、走行距離は走っている部類だったと思います。営業車でも使うということで、, というような理由によりガソリンのCX-5にしたわけですが、乗り味はというとディーゼルに比べると非力さを隠しきれない2リッターエンジンとはいえ、新しい6速オートマの反応の良さである程度キビキビした印象を受けていました。, ただ、ディーゼルと走行能力で比較した場合には・・・比較するというか違う車種ですね。, 何よりもエンジンの味付け以前に6ATのダイレクト感が優っている感じ。ATの物理的なダイレクト感と共にコンピュータの制御でリニアなレスポンスを増している。, 一応四輪駆動というようなだけの感じで重量もあるし結構滑るのかなー。という最初の印象だったんですが、乗って初めての冬を越してからは安心して乗れるようになりました。, あまり滑らない。4輪の駆動の制御がよくできているんでしょう。ABSをガリガリと効かせて滑らないようにしているわけでもなく、それとなく滑らないような挙動を取ってくれているみたいです。無茶はしませんが、安定感を感じます。, 4WDはスバルなイメージでしたがCX-5の予想外の4WDの出来に驚いたのを覚えています。, ニューモデルの出始めの車両はやはり危険ですね。結構な件数の不具合があったと思います。一番大きかったのはダッシュボードの異音でしたが、小さい不具合箇所は数知れず。。。, ただ、ガソリンのモデルは大丈夫でしたが、ディーゼルのモデルはやはりというか、エンジンに関するリコールなどがありました。, と決断した症状が起きたのは、2年と10ヶ月あたりで走行距離にして65000キロを超えたあたりでした。, 何と、走行中に突然オートマが滑り始め走行がままならなくなったんです。Dレンジでも全く前に進めません。。。全てがニュートラル状態ですw, 普通に考えてこの走行距離でオートマが滑り始めるとかもう意味不明なわけで、メカニックの知人に探りを入れてもらうと・・・, 最悪の場合には保証で負担はありませんが載せ替えの可能性もあるようでした。この時はコンピュータの書き換えでひとまず様子をみることにしたんですが、これをきっかけに, 結局ガソリンのモデルには7万キロ近く乗ったんですが、せっかくCX-5に乗るのならやっぱりディーゼルかなー?というのが結論です。, 見た目でCX-5というような場合以外であればディーゼルを選んでおくのが大正解だと思います。それはガソリンで十分だと言えるような方でも!です。, 最初の本体価格差は燃費、燃料の価格差で埋めていくことはできますが、自分のようにガソリン→ディーゼルと乗り換えする場合には下取りやら何やらで結構な損をすることになります。。。, つまり最初からガソリンとディーゼルを悩むことなくディーゼル一択で考えましょうということですw, 一番わかりやすいのはグリルでしょう。現在の最新のKFのCX-5はより一層グリル周りが強調された感じになっていますが、初代と現行の丁度間くらいの感じですね。, これは今でも特に文句はありません。DPFの再生時の燃費悪化対策がもう少し進んでくればもっといいかなー。, これがどうしても欲しかったので搭載しているプロアクティブというモデルにしたんです。Lパッケージまでは不要でした。, 高速で追従型のクルーズコントロールを使用すると、中央道のスタートから降りる地点までアクセル、ブレーキ共に踏まなくていいとかって時もあるくらい楽なんですよね。もちろん肉体の疲労度も全然違いますし、80キロくらいの速度で設定してあげるとリッター20近く燃費が伸びたりすることもあるんで、いいことだらけです。, たまに再起動したり、起動が遅かったり迷子になったり、可愛らしい部分を見せてくれるマツダコネクトさんですが、いつになったら優等生になるんでしょうか?w, マツダコネクトさんの挙動も含めて現在のCX-5のディーゼルのモデルには不満もなく乗れています。, こんな感じの差が発生しています。実際に使っているとガソリンとディーゼル1リッターの燃料代も違うのでかなり安く済んでいるイメージがありますねー。, ダッシュボード異音の不具合は後期でも発生しましたが、前期に発生した時と同じ対処法でクリア可能でした。, 外観はともかく、スペック的な部分でアダプティブLEDヘッドライトがより細かくなったり、クルーズコントロールがスペックアップしているものの、, 例えば、DPF再生時の燃費悪化対策など現行CX-5ユーザーの心をグッと掴むものが無ければパッとしませんねぇ。。。, ミニバンの方がより人数の乗る確率が高くディーゼルの低速トルクをうまく使えるはずなのに、プレマシー、ビアンテって終了なんですよね。, マーケットと予算など色々難しい部分が大きいのはわかるんですが、プレマシーあたりに2.2Dが乗らなかったのは残念です。, 今のCX-5を下取りに出して欲しいと思える車種が今のところ、存在していなんですよね・・・, 平地生活を挟んで現在は海の近所生活再開。 近期不斷有Mazda消息傳出,除了轉子引擎改為增程系統外,最受關注的莫過於Mazda將推出六缸引擎與後驅系統,然而這些訊息也都全部指向會運用新世代Mazda 6車上,然而日前又有最新消息指出新世代CX-5也有望會搭載該配置。, 從現行CX-5上市至今和已進行多次細部更新來看也到了進入新世代時程,然而隨著新開發的直六引擎資訊漸趨明朗,及先前Mazda公布的策略方針,近日外媒便有消息傳出,新世代CX-5將有能會與Mazda 6相同,皆會搭載3.0升六缸Skyactiv-X和48V引擎系統,擁有285hp最大馬力,另外也還有3.3升柴油引擎,除此之外也會配置後驅系統。然而除了動力系統,亦有消息Mazda會替新世代CX-5更名為CX-50,並且預計於2022年進行發表。, 關於Mazda新世代車型傳言不少,但大多著重於新Mazda 6,不過日前則有消息指出新世代CX-5有可能會改名為CX-50,並且還會搭載3.0升Skyactiv-X+48V引擎與後驅配置。. 一個「旅」字各自表述,130萬元的2.5升MAZDA6 WAGON與CX-5,今晚你選哪一道?, 一次看懂了解Audi Q3/Q3 Sportback搭載同級唯一的48V輕型複合動力系統. 一年を通し、暑くても寒くても雨でもバイク通勤のツーキンライダー, つい先日までは通勤の足として理想的な原付2種も持ち合わせていましたが旅立ちました。, 現在、 マツダ CX-5は大人気のクロスオーバーSUVで、世界的にそのデザインと独自の技術が評価されています。, 新世代のマツダ車を牽引するCX-5ですが、この車の走行距離の限界ってどのぐらいなのか、気になるけれどよくわかりませんよね。, CX-5が登場したのは2012年の2月で、当初からデザインの素晴らしさが評価されてマツダ車としては想定外の売れ行きの大人気車となりました。, そして2017年には初のフルモデルチェンジを迎え、好評だったデザインはキープコンセプトなものの、メカニズムは一新され、また最新の安全装備が標準化されるなど、さらなる進化を遂げています。(デザインの詳細は以下の記事をご参照ください。), そのためCX-5の初代であるKE系は乗り換えが進み、中古車市場にはKE系過走行距離車も増えてきました。, CX-5の走行距離の限界を探るにはこのKE系しかありませんので、今回は初代CX-5 KE系に焦点を絞ります。, さて車の走行距離の限界を考える場合、着目する点は主にエンジン+トランスミッションのパワートレイン系と、ボディ系に分けることができます。, 走行距離の多さでまず始めにトラブルが起こるのは、常時激しい振動や熱にさらされているパワートレイン系です。, ボディ系は比較的走行距離に対しては問題が少なく、ノウハウの蓄積された現代の車ならかなりの距離までは問題なく乗ることができます。, そこでまずはパワートレイン系の限界をご説明しますが、CX-5にはガソリンとディーゼルの2種類のエンジンがあります。, 販売台数の内訳を見ると7割~8割がディーゼルモデルといわれており、低燃費と環境性能を両立したディーゼルは圧倒的な人気があります。, ※DOHC、直4、ディーゼルターボ、エンジンの詳細は以下の記事で解説しているので、興味のある方はこちらもご参照ください。, CX-5には2.0Lと2.5Lのガソリンエンジンが設定されていますが、どちらもマツダの新世代エンジンSKYACTIV-Gシリーズのエンジンです。, ※SKYACTIV自体をご存知でない方は、以下の記事をはじめに読むと理解がしやすいですよ。, SKYACTIV-Gは2010年に初搭載された比較的新しいエンジンですが、その設計にはかなり野心的な技術が使われており、2010年当初は耐久性についていろいろと言われていました。, 最大の特徴はガソリンエンジンとしては規格外の圧縮比14を実現させ、ハイブリッドカーにも負けないエコ性能を手に入れたことでした。, ガソリンエンジンの圧縮比は高ければ高いほどエンジンの効率が上がるのですが、上げすぎるとノッキングと呼ばれる異常燃焼が起きてエンジンに悪影響を与えるので、普通のエンジンでは10~12ぐらいが限界だったのです。, しかしマツダは燃料直噴技術を初めとする技術革新を積み重ねることで圧縮比14を実現し、それまでのエンジンに対し燃費やトルクで15%もの改善を果たしたのです。, さてエンジンの耐久性についてはメーカーでさまざまな耐久試験を行って設計しているものの、一般的に新型エンジンはトラブルを発売後にも抱えて少しずつ良くなっていくものです。, SKYACTIV-Gも2010年当初はそうだったものの、CX-5に搭載される2012年ごろからは大きな問題は聞かれないようになり、耐久性も信頼性もしっかり確保されたエンジンになりました。, CX-5ではガソリン車のリコールもほとんどなく、大きなトラブルがなかったことからも信頼性の高さはわかります。, 設計がしっかり確立したエンジンならば、次のようなメンテナンスをしっかり行っていれば限界距離はまだまだのびるものです。, とくに定期的なオイル交換は重要で、これをしっかりやるかどうかでエンジンの寿命は大分変わってきます。, また100,000kmまでの段階で、タイミングベルトや補機ベルトなどの定期交換部品の交換、その後エンジン全体の分解修理を行うオーバーホールなどを実施すれば、一基のエンジンで200,000kmでも300,000kmでも走ることが可能です。, エンジンごとに固有のトラブルがあったりするので個別に対応は必要ですがCX-5のガソリンエンジンは基本的には上記の距離までは十分使用できるエンジンです。, もしCX-5の購入を考えているなら、値引き交渉の正しいやり方を覚えておくといいですよ。, CX-5の最大の目玉ともいってよい技術が最新のクリーンディーゼルをラインナップにとり入れたことで、それまで日本の乗用車では敬遠されてきたディーゼルを復活させる立役者ともなりました。, ディーゼルエンジンはかつては乗用車にも広く使われていたのですが、黒煙が出る、排気ガスが汚いなどのマイナスイメージが強く、環境対策の強まりから国内ではトラックなどにしか採用されなくなっていました。, 実際ディーゼルエンジンのクリーン化には高度な技術が必要で、排気ガスに含まれて黒煙の原因ともなるPM(粒状黒鉛)や、大気汚染の原因になるNOx(窒素酸化物)の除去が最大の問題点です。, これらのクリーン化は世界のメーカー各社がしのぎを削る分野なのですが、マツダは一風変わった手でこれをクリアしました。, ディーゼルエンジンの限界距離を見極めるにはまずはマツダのクリーンディーゼルの技術を簡単にご説明しましょう。, なおガソリンエンジンの項で説明した走行距離とメンテナンスの関係についてはディーゼルエンジンも同様で、ここを怠らないことが長寿命への近道です。, ちなみにディーゼルエンジン車はガソリンエンジン車より価格が高いので、ご注意ください。, 詳細は以下の記事で解説していますので、興味のある方はこちらもあわせてご覧ください。, Conorさん(@pacificstar65)がシェアした投稿 – 2016年10月月1日午後1時50分PDT, マツダの新世代ディーゼルエンジンはSKYACTIV-Dと呼ばれ、スカイアクティブシリーズの1機種として重要な位置を占めています。, このSKYACTIV-Gのクリーン化技術の核は主に二つあり、エンジンの低圧縮化に伴うNOx低減とDPF(Diesel Particulate Filter)の採用です。, ディーゼルエンジンは燃料の自己着火で爆発を起こす構造上、ガソリンエンジンより高圧縮比が必要なエンジンで、従来のエンジンは圧縮比18~22ぐらいでした。, しかし高い圧縮比はNOxを大量に生成してしまう欠点があり、クリーンディーゼルを設計する他のメーカーでは発生したNOxを後処理するNOx触媒や尿素SCRというものを採用するのがトレンドでした。, しかしマツダのディーゼルエンジンでは逆手の発想をとり、圧縮比をガソリンエンジン並みの14にまで落とすことでNOxを低減し、後処理技術が不要なほどクリーンなエンジンになりました。, ディーゼルエンジンで圧縮比を下げることはエンジンの始動性を悪くしますが、マツダはターボチャージャーやバルブタイミングの見直しによりそれを解決し、低圧縮比のディーゼルエンジンを完成させました。(ターボチャージャーの詳細は以下の記事をご参照ください。), 低圧縮比のエンジンでは比較的エンジンへの負荷が少なく、普通のディーゼルエンジンよりも耐久性は比較的高くなりますので、エンジンの基本性能としては高寿命ではないでしょうか。, ディーゼルエンジンは基本的にガソリンエンジンより頑丈にできていますので、ガソリンエンジン同等の耐久性はあると考えてよいでしょう。, Sprintechさん(@sprintech)がシェアした投稿 – 2018年 1月月1日午前8時08分PST, DPF(Diesel Particulate Filter)とは簡単にいってしまえば黒煙の原因になるカーボン類を濾しとるフィルターで、クリーンディーゼルエンジンには欠かせない技術としてほとんどのメーカーのエンジンが採用しています。, しかしこのDPFはエンジンを使い続けると少しずつ詰まっていくもので、おおよそ走行距離100,000kmあたりで交換が必要となる部品です。, しかし一般にDPFの交換が必要ということは浸透しておらず、ディーゼルエンジン車に乗っている人でさえ見落としがちです。, クリーンディーゼルで100,000km以上を走るならこれは必須ですが、費用もかなりかかるため交換してまで乗るかどうかで車の寿命はきまります。, DPFは排気管の途中に装着する触媒の一種で、排気ガス内のPM(粒状黒鉛)をフィルターで除去する役割を持っています。, DPFでは99%以上のPMを除去することができ、テールパイプから出る排気ガスが黒煙を吐くことはもはやなくなりました。, それほどの効果を持つDPFですのでPMが貯まるペースはかなり早いのですが、ある程度貯まるとエンジンの排気ガス温度を一定時間だけ高めることで、燃え残りであるPMをフィルター内でもう一度燃焼させて除去するシステムもあります。, こうすることでDPFはまたPMを貯めることができるのですが、その効果は走行距離とともに少しずつ劣化していってしまい、ある距離でDPF全体の交換が必要となります。, もし交換しなかった場合、エンジンの性能低下やDPF破損による黒煙の発生、最悪はDPFが燃えて車両火災に繋がるなど、長距離を走ったディーゼルエンジンには注意が必要なのです。, DPFの交換には200,000円程度の交換費用がかかりますが、ディーゼルエンジン車の寿命を伸ばすには必須です。, このあたりの話は以下の記事でも詳しく解説しています。詳細まで知りたい方はこちらもあわせて参考にしてみてください。, CX-5のディーゼルエンジンは100,000km~150,000kmの間にオーバーホールを必要とするのは前述しましたが、このオーバーホールの目的はガソリンエンジンと少し違い、エンジン内部に貯まったPMを除去するというクリーンディーゼル独特のメンテナンスが必要です。, 現代のクリーンディーゼルエンジンはマツダに限らず「EGR(Exhaust Gas Recirculation)」と呼ばれる排気循環装置がついており、排気ガスの一部を吸気側に送り込んでいます。, EGRの詳しい説明は省きますが、これもNOx低減に大きな効果があり、クリーンディーゼルには欠かせない技術です。, しかし排気ガスの中にはDPFで取り除かなければいけないほどのPMが含まれていますが、これが吸気側に循環されると吸気管の中にどんどん堆積していきます。, そして堆積したPMは吸気管をふさいだり、その先のバルブの動きを妨げたりするので、堆積がある程度進んだ時点でエンジンを分解してのPM除去が必要となるのです。, これはそんなに頻繁にする必要はなく、エンジンの保証距離以内であれば除去しなくてもエンジンは動くように設計されていますが、それ以上となるとエンジンの寿命を伸ばすためにはオーバーホールを行いエンジン内部清掃が欠かせません。, ガソリンエンジンではそこまで堆積などの問題はないので、クリーンディーゼルエンジンのほうがよりメンテナンスには注意をしなければなりません。, CX-5の寿命を伸ばすためには、ディーゼルエンジンはとくに100,000kmを越えた辺りでのオーバーホールをおすすめします。, なおこの除去作業はべつに100,000kmまでいかなくても実施する意味はあり、吸気管を狭めるPMを定期的に除去できればエンジン性能の低下を防ぐことができます。, メンテナンス費用がそれなりにかかってしまいますが、頻繁に清掃する方がよりエンジン寿命を伸ばすことに繋がるでしょう。, クリーンディーゼルエンジンのメンテナンスについては、以下の記事でさらに詳しく解説しています。こちらも目を通してみてください。, さてここまで少々話が広がってしまったので、エンジンの耐久性をまとめておきましょう。, まずガソリンエンジンについては、SKYACTIV-Gは従来エンジン並みの耐久性を持ち合わせているエンジンですので、ガソリンエンジンの走行距離ごとのメンテナンスをしっかり行えば、最大限エンジンの寿命を伸ばすことができます。, クリーンディーゼルエンジンについては、エンジン本体の耐久性についてはガソリンエンジン同等のメンテナンスを行えば寿命を伸ばせますが、それに加えてクリーンディーゼル特有のDPFや吸気管のPM除去など特別なメンテナンスが必要となります。, そのためメンテナンス費用としてはディーゼルエンジンのほうが余計にかかりますので、CX-5をどこまで乗り続けるかはドライバーの考え方次第といえるでしょう。, またどちらのエンジンも不意の故障に対しては迅速に対応する必要があり、車の乗り方や個体差によってトラブルがある車、ない車さまざまありますので、上記以外のメンテナンスも適宜行いましょう。, 車の寿命、エンジンの寿命を長くするのは結局のところドライバーのメンテナンス次第であり、どれだけその車に愛着と費用をかけられるかなのです。, ガソリンエンジンとディーゼルエンジンについては、以下の記事でも詳しく解説しています。あわせて参考にしてみてください。, 車のもうひとつの要素であるボディの耐久性についてはエンジンほどシビアではなく、普通の使い方をすればおよそ200,000kmぐらいまでは十分な耐久性があるでしょう。, 車のボディの耐久性で問題となるのは主にボディの錆び具合で、現代の車にはボディには何層にも防錆処理や塗装がありますので、あまり大きな錆びには発展しません。, とはいっても走行距離が延びればそれだけ錆の箇所は増えていきますし、錆びがひどい場合には修理が必要です。, 基本的には錆び部分の修理を行っていけば、車体の耐久性はキープでき、状態がよければ300,000km~400,000kmでも十分持ちます。, ただ注意しなければならないのはボディの錆びを加速させる環境で、わかりやすいのは海の近くで潮風を受けて保管されている場合です。, 塩分はボディの錆び発生を加速させるので、できればそういう環境では保管したくないですし、最低でもガレージはほしいところです。, また塩分での問題はじつは山道でも発生する可能性があり、雪国などで路面凍結防止用に撒かれている塩化カルシウムが錆の発生を加速させます。(雪道での性能の詳細は以下の記事で解説しています。), この場合は塩化カルシウムが撒かれた道路を走ったあとにしっかり車の洗浄、特に下回りを重点的に洗えば対策できます。, あとCX-5のようなSUV特有の点として、オフロード走行を積極的に行った場合があります。, SUVはそのデザインからオフロード走行ができそうに見えますが、CX-5のようなクロスオーバーSUVの場合オフロード走行性能はあまり高くありません。(オフロード性能の詳細は以下の記事をご覧ください。), CX-5のボディはモノコック構造なのでひとたび歪んでしまうと修理は非常に大変で、歪んだままだと車の走行性能に悪影響があります。, もしそういう走行を繰り返したCX-5の場合には、ボディの歪みが許容範囲を越えたときがその車の寿命でしょう。, CX-5のボディの寿命は適切に車を使っている以上はかなりの距離で耐久性があり、塩分を含んだ環境要件に対応してあればまずひどいことにはならないでしょう。, CX-5の走行距離についてはTwitterにさまざまな意見が投稿されています。その中から何件かご紹介しましょう。, そう言えば今回の遠征で乗り始めて4年9ヶ月のCX-5は走行距離15万キロを超えました。来年が車検なのであと2年と少しはこの車で頑張りたい。その頃には20万キロ超えてるだろうなー pic.twitter.com/0ngPuibCZC, こちらの方のCX-5は現在走行距離は150,000kmだそうですが、まだしっかりと走っているそうです。, 5年弱で150,000kmですから年30,000kmとかなりのペースで走っておられますが、それでもCX-5はしっかりした耐久性をもっていることがわかります。, 愛車のCX-5XD_Lですが走行距離約12万5千㎞で車両システム点検灯が点いたのでディーラーで診てもらった所、エンジンオイルの油圧低下との事でした。前にも発生した事があり原因調査のために暫くディーラーに預ける事になりそうです(´・ω・`)#MAZDA#CX5#CX5XD pic.twitter.com/oANGIDfmyM, cx5の2012年モデルの中古購入を検討しているのですが、ディーゼルは不具合があるのと、走行可能距離が気になって調べていたところ、いずいずみさんのツイートに行き着いた感じです。10万キロ以上走って、煤が詰まったりはなかったですか?, — セージマン (@FeelTheMoment00) September 5, 2017, すすが詰まったりはしてません、ディーゼルだから不具合があるという訳ではないと思います。リコールは何度かありましたがキチンと対応してもらっています。ただしメンテナンスはしっかりした方が良い感じですね、オイル交換は5000㎞ごとですのでオイル代はガソリン車よりかかります。, 125,000kmのCX-5ディーゼルのオーナーさんとCX-5ディーゼルがほしいけど不具合が気になる方のやり取りですね。, CX-5ディーゼルには以前からDPFやPM詰まりの不具合が取りざたされており、関連したリコールも何度もあったのは事実です。, しかしリコール対策は行われていますし、PMの溜まり方は車の走り方でかなり変わってくるのでドライバーごとの差も大きいのです。, オーナーさんはさすがに走行距離が多いのでそれなりのトラブルは発生しているようですが、PM詰まりで不具合が出たことはないそうです。, メンテナンスをしっかり行われているのも、車の寿命が長く保つ上で素晴らしい点ですね。, マイCX-5,ディーラーに見てもらうとターボがやられているとのこと。走行距離は9万キロと少し。10万キロまでの保証延長しておいてよかった。備えは大事。, — 靴下わんこ@この世界の片隅に (@kutusita_wanko) August 7, 2017, こちらの方のCX-5は90,000kmでターボチャージャーにトラブルがあり交換が必要となりました。, 普通のメーカー保証では50,000kmぐらいまでが関の山でそれ以上は有償修理となるのですが、この方は延長保証制度に加入されていて100,000kmまで無料保証がついていて助かったようですね。, 延長保証は長くても100,000kmまでのものですが、それまででもトラブルの発生は皆無ではありませんので、長く車を維持する上では結構重要な制度です。, これからCX-5を買おうと思っている方は、以下の記事もぜひご覧ください。購入の参考になりますよ。, 値引き交渉は正しくやらないと、車を買う際に60万円以上の損をする可能性があります。, 「値引きしてくれませんか?」「オプションをつけてくれませんか?」と何も考えずに交渉すると、営業マンに舐められます。, この正しいやり方さえ知っていれば、最大限まで確実に値引きできます。詳しくは下記の『たった1分で車を60万円値引きできる裏技!』ページをご覧ください。, デミオの値引き平均相場(目標額)と限界額【2019】体験レポート口コミ情報まとめ!, CX-8のサイズ/広さ/大きさは狭い?寸法(車高/長さ/車幅/低地上高/重さ)まとめ!, 某自動車メーカーのエンジン部門で開発経験あり。子供の頃から車雑誌を切り抜きし、高校ではオートバイ・車にどハマりする。就職する際に、某自動車メーカーを選び、仕事でもプライベートでも車漬けに。今は日産スカイラインR33が愛車。.

立川裕二 学 振 5, 平野紫耀 今田美桜 仲良し 12, 長期休み 暇 高校生 4, シンデレラ城 高さ 赤いランプ 5, On Duplicate Key Update 5, あつ森 引っ越しフラグ 立て方 35, 過剰 超過 違い 7, 帝国三将軍 サポ 旅 44, 宮古島 靴 屋 4, Human 末吉秀太 和訳 6, 東洋大学 成績発表 2019 5, ディズニー 裏話 怖い 8, ポケモン 金銀 技 48, あつ森 たぬきショッピング プレゼント 6, 4jj1 エンジン 異音 8, チーター 50m 何秒 10, 坊ちゃん 清 可愛がる 理由 7, ドッカンバトル ダウンロード 数 3億5000万 9, Cf T7 ファンレス 化 6, 和歌山 釣り堀 安い 23, プラバン 材料 100均 11, 100均 箸 安全 18, ストレス 目の 痛み 5, スリーボンド 1215 硬化時間 8, Ultra Japan 2020開催 7, 習い事 電話 かけ方 19, バイオハザード2 映画 動画 7, プラド フレーム 錆 6, 木村拓哉 Twitter あんず 7, パナソニック 業務用 冷蔵庫 エラーコード E0 15, Ldk 好き が 2 つ 主題歌 4, Numpy 列 抽出 5, 猫 仏壇 イタズラ 9, Ps2 S端子 つなぎ 方 4, 烈 海王 Vs愚地克巳 42, クロスバイク 雨 放置 8, Drive Api Files Create 4, Bmw X3 M40d 価格 7, ゲオで Dvd 借りる 12, ボッテガ カーフ ラム 見分け 10, グリーティングカード 動画 Line 7, Spotify Pc 無料 5, アルファード サイドカメラ 後付け 4, Radwimps 18祭 歌詞 5, 40代 スーツ どこで 買う 女性 6, 最小二 乗法 曲線 5, 資産価値が落ちない街 2020 神奈川 23, しゃべくり 6月8日 動画 6, ヤマト 事故 クビ 6, バーミキュラ フライパン 予約 4, 美術 鑑賞 書き方 9, Gta5 ダイヤモンドカジノ強盗 偵察 19, Jr東海 Cm 女優 歴代 17,

Comments are closed.