November 15, 2020
by

名前も出さないとはナントいう隠蔽行為!! public humiliation, inappropriate comments about students’ weight and looks, sexual comments, and suggestions that the students undress for each other. 誰もが思いやりを持った行動がとれる”心豊かなふじのくに”を目指しましょう. 操 華子(みさお はなこ)は、日本の看護学者(感染管理・感染症看護・感染予防技術・基礎看護学)。学位は博士(カリフォルニア大学・2002年)。静岡県立大学看護学部教授・大学院看護学研究科教授。, 感染管理、感染症看護、感染予防技術、基礎看護学を専門とする看護学者である[1]。感染制御に関する研究や[2]、感染症看護、および、感染予防技術に関する研究などに従事した[2]。また、アンセルム・ストラウスらの著作の翻訳などでも知られている。聖路加看護大学、国際医療福祉大学、宮城大学、静岡県立大学などで教鞭を執った。, 聖路加看護大学に進学し[3][註釈 1]、看護学部に在籍し看護学科にて看護学を学んだ[3]。大学卒業後は、聖路加看護大学の大学院に進学し[3]、博士前期課程を修了した[3]。なお、のちにカリフォルニア大学のサンフランシスコ校にて看護学大学院に進学し[3]、看護学研究科にて学んだ[3]。その結果、2002年にカリフォルニア大学から看護学の博士号を取得している[4]。, 母校である聖路加看護大学にて教鞭を執り、看護学部の講師などを務めた。のちに国際医療福祉大学に転じ、保健医療学部の教授に就任した。さらに宮城大学に転じ、看護学部の教授に就任した。2017年4月1日に静岡県立大学に転じ[5]、看護学部の教授に就任した[5]。看護学部においては、主として看護学科の講義を担当した[5]。同時に、静岡県立大学の大学院にて、看護学研究科の教授を兼務した。看護学研究科においては、主として看護学専攻の講義を担当した。, 専門は看護学であり、感染管理[1]、感染症看護[1]、感染予防技術[1]、基礎看護学[1]、などの分野の研究に従事した。具体的には、感染制御に関する研究や[2]、感染症に罹患した患者の看護、および、感染の予防技術に関する研究に取り組んだ[2]。また、混合研究法を用いた研究でも知られている[2]。そのほか、臨床看護学に関する書籍を上梓するなど[6]、学術書や専門書の執筆や編纂にも携わっている。なお、グラウンデッド・セオリーを提唱した社会学者のアンセルム・ストラウスとジュリエット・コービンの『Basics of qualitative research』[7]を翻訳して日本に紹介するなど[8][9][10]、学術書や専門書の翻訳にも携わっている。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=操華子&oldid=78122371, John W. Creswell著、操華子・森岡崇訳『研究デザイン――質的・量的・そしてミックス法』, ジュリエット・コービン・アンセルム・ストラウス著、操華子・森岡崇訳『質的研究の基礎――グラウンデッド・セオリー開発の技法と手順』3版、医学書院、. 静岡県民支え合い基金 . Geraedts)(米), ミョンヘイン・チョ、조명행、(Myung-haing Cho)、?・ユ(? 静岡県に帰省・来訪される皆様へ : 相談窓口一覧. 一体どうなっているんだ!?, 准教授2人にパワハラを行ったとして、静岡大学は50代の男性教授を懲戒処分! 大学同僚、大学事務員、院生にアカハラ(敵対的は態度、言葉による虐待、女性院生を操ること、脅迫)し、女性院生をレイプ: 1994-2019 年(45-70歳)の25年間(推定) 〇: 米: 米: 2019 2019BWR wiki: ウェイン州立大学: 英文学: 教授: 70: G.ワイクス: Weix, G.G. 新型コロナウイルスに打ち勝つ. 静岡大学の石井潔学長は「今後二度と起こることのないよう、再発防止と信頼回復に向けて一層の努力を続けていく」とコメントしている。, ナント大学教授が部下に対してパワハラ! 何を考えているんだ!? スペイン旅行のバーで、女性学生に恋人数を聞く。100人以上と性交したと話す。卑猥な話をした。, 少なくとも4人の女性院生、女性教員、女性職員「身体を触る、ハグする、頬にキスする」などの行為と性的発言, マレーシア留学生のエルシャ・サンジービ(Jerusha Sanjeevi)(女性、24歳、院生)、2017年4月、自殺, 女性学生A.R.は2012年に同意の上で性的関係。1年後に関係を終わらせようとしたとき、ベイツは、同意なしのキス、セックスを強要し、性的・感情的に虐待した, 授業で性的ジョーク。学部4年生のレイチェル・ギン(Rachel Ginn、女性)が傷ついた, 2001年、女性学部生のLisa Schievelbein(22)を性交。女性院生のEmma C. Eisenberg、Sharon Harrigan, ニューヨーク大学のガブリエレ・エッティンゲン・教授(Gabriele Oettingen)を偽科学推進と批判。ライデン大学のエイコ・フリード・助教授(Eiko I. Fried)など他の研究者も批判, 研究調整官の女性・Carly Goldstein(31)に性的言葉を頻繁にメール。他の女性にも, 18人の女性学生・教員(含・Terry Karl)。抱きしめる、キス、身体を触る、スカートの下に手を入れ太ももを触る。性交要求。レイプすると脅す。, 2007年に女性学生・Rose Hermosoをレイプ、2012年に3人の女性学生をレイプ, 23人以上の女性学生・教員。小部屋で女性学生・ケイシービーン(Caycee Bean、20歳)にセーターを脱ぎポーズとるように要求しシャツをまくり上げた。, 1人の女性学生テイラー・シャックマン(Taylor Schackmann)(19), 6人の女性同僚医師。強制的にキス、職場で不要な首のマッサージ、身体体について不適切なコメント, 1人の女性学生・ジャクリン・ヴィターレ(Jaclyn Vitale)がマッサージ実習で性器・肛門を触られた, 学会で女性院生カリッサ・フェンウィック(Karissa Fenwick)にキスしようとした, セレステ・キッド(Celeste Kidd)、ケトラ・ビックスビー(Keturah Bixby)、ジェシカ・キャントロン(Jessica Cantlon)など複数の女性学部生・院生・ポスドクに性的行動、性的発言、性交, 女性アンナマリーモティス(AnnaMarie Motis)のドレスの下に手を入れ尻と性器を触った, 数十人の女性にセクハラ。乳房をつかむ。身体を触る痴漢行為、いやらしく見つめる、性的冗談を言う。ベッドに押し倒し無理やりキスをし、タイツを脱がそうとした。, 女性講師のジャクリーン・ジャッキー・カルピオ(Jacqueline “Jackie” Carpio), 少なくとも2人。1人は1999・2000年に22歳の女性院生ジェーン・ウィレンブリング(Jane Willenbring)に弟とセックスを強要、「売春婦」とののしる、野外で用を足している際に岩を投げつけた, 男性院生1人・Jon Edwards、女性学部生1人・Cheryl Edwards, 少なくとも4人(実際はもっと多数)の女性学生に無理やりのマッサージ・キス・痴漢行為, 2016年10月、男性院生のジョン・ブレイディ(John Brady)(28 歳)が自殺, 非常勤教授のナサニエル・ハイアー(Nathaniel Hiers)を解雇。マイクロアグレッション、自覚なしの差別的言動, 重度脳性麻痺患者の29歳黒人男性・ディーマン・ジョンソン(DMan Johnson、D.J.), 大学同僚、大学事務員、院生にアカハラ(敵対的は態度、言葉による虐待、女性院生を操ること、脅迫)し、女性院生をレイプ, 中国系女性学生3人、Xingjian Sun(Vina Sun、被害時19歳), Xing Zhao, and Ao Wang, 1人の女性学部生・カムリン・ハットスタット(Camryn Hatstat)(21), (1)勤務簿が改ざんされる(2)実験の参加者一覧に名前を加えない(3)雇用前の契約と異なる研究をさせる, 約1年間にわたり、深夜等における研究指導、髪を触るなどの過度な身体的接触、私的なことへの過度の立入り、友達以上恋人未満などの性的な内容の言動, 学内の公式会議において、「小学生みたいな資料じゃないか!」と、あからさまに特定職員を中傷・侮辱する発言や、同職員を怒鳴りつける行為を複数回行った, 監督室に一人呼び出され、膝の上に座らされたり胸や太ももを触られた。監督室で抱きつかれたり、パジャマを着た監督から「一緒に寝ないのか」と言われた, 学業上の話をするのにシティホテルの部屋に連れて行く。指導を絶つ態度を示す。賃金支払いを懈怠する, 高圧的な言動。インターネット上の中傷的な書き込み。3度うつ病と診断。2019年10月自殺未遂, 強い口調での叱責や,批判をするなどの不適切な言動を繰り返した。一部の学生を優遇する一方で,他の複数の学生には頻繁に叱責を繰り返すなどの差別的な取り扱い。特定の教員を誹謗中傷する内容のメールを,所属する組織の教職員や複数の学生に多数送信, 容姿や恋愛経験等に触れる等、不快にさせる発言。LINEでの連絡に短時間で応答することを強制する行為。複数回にわたる重大な身体的接触等のわいせつ行為, 本学が主催する社会人向け講座の終了後に行われた酒席において、参加していた女性学生へ, 授業で、「死んじゃいな」「早く大学をやめろ」「育ちが悪い」などと人格を否定するような発言, どう喝。発言が意に反した場合、「辞めろ」と言われることが多く、本音で話をするのが困難。, 「女性研究者が結婚や出産、子育てと研究活動を両立させるのは困難」「結婚などでプライベートが充実している者は研究をやめてもよい」を繰り返し発言, 未成年飲酒や飲酒強要。脅し。Webで殺害予告や誹謗中傷。暴行未遂。あらぬ噂を流した。罵声を浴びせた, 授業を適切に行なっていなかった。学生に改ざん指示、隠蔽工作。学生に対し威嚇する言動, 2013~14年、机の中身をぶちまけられたり、顔を殴られたりしたほか、アルコールを吹きかけられ陰毛に火をつけられた, どう喝。懲戒免職の可能性を示唆し、「研究者としての退路は断たれ、医師として働く場所もなくなる」と執拗しつように自主退職を迫った, 2年以上、LINE(ライン)や対面で、学生に恋愛感情があることを示し、複数回交際を申し込んだ。拒まれるたび、学会発表の練習の予定を変更したり、不機嫌な態度を取った。学生の意に反する身体接触もあった, 教授に更新の権限はないのに、約1年間、同僚の複数の任期付き教員に「任期更新はない」と会議で何度も発言。学生に対応できないほどの課題を出し、過度な負担を強いた、, 教材を買い替えたり修理したりするため、学生が加入する保険を使って虚偽の請求をさせようとした。学生の容姿などに関する発言を複数回行った, 教材を買い替えたり修理したりするため、学生が加入する保険を使って虚偽の請求をさせようとした, 「助産師にならなくてもいいのではないか」と発言。学生の前で「(病院実習の評価を)就職先に言いにいく」と言った, 数か月にわたって性的いやがらせを繰り返すセクハラ。不適切な指導及び過度な言動により精神的苦痛を与えた, 「ばかみたいなことをいう」などと、1時間以上しかるなど、指導の範囲を超えた叱責を繰り返した, 学部学生のテストの採点をさせた。17年に同じ女性学生2人に脚や胸の身体的特徴などの発言を複数回行なった, 授業中、「コリアンは頭がおかしい」「新しい単語を教えてあげよう。『バカチョン』だ」などの発言, 2016年5月22日、学会後の慰労会終了後、院生宅まで送り、宿泊。ベッドの傍に来るように誘い、手や肩を触り、嫌がっているにもかかわらず、ブラウスのリボンやボタンを外して胸を触った, 学会出張でホテルの部屋に呼び出してセクハラ行為。ホテルの部屋以外で、同じ学生の手を10分間握った, 攻撃的で、当時の研究室ではみんなうつ状態。大声で罵倒され、指導は受けられず、博士論文を出させてもらえなかった。4人のうち3人はうつ病を罹患。退学後、2年間実家に引きこもらざるを得なかった人もいる, 学生に無視を続けたり、乱暴な言動を繰り返した。非常勤講師に暴言を浴びせた。教職員に性的な発言。, 2015年から18年まで複数回にわたり、守秘義務のある情報を教えるよう強要。またストーカー, 「大学院に進学させないことは、教授会で編入学前から決定していた」「初めから条件付きの編入学だった」, 2人で会うことを求めるメールを送ったり、体を触ったりしたほか、複数回にわたりホテルに連れ込む, 「性根が腐っている」「お前がいると酒がまずくなる」、人格否定に及ぶ発言や公衆の面前での罵倒等の行為をくり返した, 長期に、繰り返し、学生の人格を否定する(傷つける)発言や、ゼミの主要な活動から排除されたと学生が受け止めてしまう発言、ゼミ活動の水準や位置付け・指導の方針などの基本的姿勢は徹底して不変とし、それに従うか他のゼミに移るかの「二者択一」を迫る発言、学生の心身の状況及びプライバシーに関する配慮に欠けた追い詰める発言, 講師である2人の芸術家から、事前の告知もなく性暴力や児童ポルノを題材とした絵や性器が写った写真などの作品を見せられた.大学側は講座の内容についてセクハラがあったと認めながらも、示談の条件として今後、大学に一切関わりを持たないなどの内容を提示, 容姿や服装,プライバシーに関するセクハラ発言。長時間にわたる指導・叱責,人格を否定する発言・侮辱的な発言。, 授業でイタリア語やロシア語の発音を間違えた学生に「罰金」として100円を要求したほか、指導に従わない学生を怒鳴ったり、学生の大学院入試の点数が低いことを他の学生の前で明かした, 不適切な言動や行為により、複数の職員に精神的苦痛を与えた。複数の学生に性的な発言をして学生の体を触ったり、大声で怒鳴ったりした。, 女性学生に抱擁を求める、密着して写真撮影を行う。複数の学生に自由参加の合宿に参加を強制し、不参加を不表明した学生らを非難・威圧, 広報用の写真撮影等の際,Aを含む複数の学生に対し,服装を指定して写真を撮り,その一部を引き伸ばしてAへ郵送。講義の際,出席を取らない,複数の学生や教員に不快なあだ名を付けて呼ぶなどの不適切な行為, 2008年春~2018年春、多数回、「バカ」「死ね」「くそ野郎だな」「ブタ野郎」と罵倒する発言を繰り返していた, 太ももに手を置く、ハグする、手を握る、脇のにおいをかごうとする、キスをするそぶりをした。特定の学生に対し、不適切な言動・指導等を繰り返した。, 胸をもむ。服の上から氏の性器を握らさせられた。私が布団に入ると、氏も入ってきて私の胸を揉み始めた。, B准教授に日常的に叱責、『馬鹿者』や『君の存在は「無」とメール送信、「訓告処分通知書」を交付。務職員Cの雇用継続にプレッシャー, 実験で失敗したのに腹を立て、▽平手打ち▽顔面殴打▽右上腕部を金属製の棒(長さ50~60センチ)で殴打▽頭頂部を金属製の棒で3回殴打し2針縫う傷を負わせる――5回の暴力行為, A助教に対して,指示していないことを指示したと言い張った。学歴に言及した。B助手に対して,実習を早めに切り上げたことを叱責。時間外のメールで提出を指示したレポートを受け取らなかった。食事会で,「セクシャルハラスメント」発言。 意に反する学会参加や授業履修の要求。意にそわない研究テーマへの誘導を行った。C助教に対して、着任前に挨拶に来なかったことを非難。C助教の発言に対し,否定的な発言。自分の意にそわない授業の準備をしていたC助教に授業を押し付けた。, 良好な教育研究環境を提供せず、教育・研究指導の域を越えた言動により、精神的被害を与えた, 「強引な性格で、考えを押し付ける人物」などと人格を非難した上、ヘイズさんが博士号取得を詐称していたような内容の発言で昇任が否決, 卑猥な性的発言を繰り返した。Aの手を握り、抵抗するAに抱きつこうとした。深夜の午前0時頃から午前4時頃までの間、4時間にわたって、「俺はBしかいない」「Bとお泊りしたい」「1泊しよう」「いちゃいちゃしたい」「Bの初めて(処女の意味)ほしい」。2人はノイローゼ状態に陥り、登校が困難, 共同研究・実験室から締め出し。研究に必要な実験機器がない。授業は42コマから3コマに減らされ、学生に対する教育の機会が奪われた。大学はこれらを容認, 「精神疾患があるんじゃないの。理解力が悪すぎる」とか、「精神年齢が年相応に発達していないよね」など、2週間以上にわたって発言, 不適切な指導を繰り返し,学生に過度な精神的苦痛を与えた。過度な精神的苦痛を与えるセクハラ, 申立人や周囲の学生が気づくほど足元を見つめた。申立人の外見についてかわいいと告げた。頻回に2人きりで食事に行き、自分が箸をつけた料理を食べさせた。申立人が食べているものをとった。卒業したら女として扱ってやる」と告げた, 他大学の大学院に進学するゼミ所属女性学生にSNSで人格を否定するようなメッセージを送った。飲み会で体を押しつけた。卒論のテーマを変更するよう叱責、指導を怠った。また、ゼミでコスプレ姿や浴衣の着用を促す発言をした。, 大阪地裁が大学に92万円賠償支払いを命じた。大阪高裁:教授と大学が解決金計100万円を支払う和解が10月23日付で成立。, 授業中に,その学生の持病を承知していながら,名指しはしなかったが明らかに当該学生と分かる言い方で,本人の心情を傷つける不適切な発言, 2015年1月、女性院生から預かっていた印鑑で無断で履修変更届。教授は同意はあったと主張。, 研究内容を長時間にわたって不必要に問い詰めたり、具体的に指示せず深夜まで研究するよう求めた, 2010年から3年にわたり、部下の複数の女性教員に超過勤務を強要、「おれに従わないものはやめてもらう」と暴言、他病院への診療を割り当てない、学生への教育業務の担当を外す, 女性学生2人不適切な関係を持った。学生6人に威圧的な言動や態度で精神的な苦痛を与えた, 女性スタッフが泊まる部屋で男性が参加する宴会。求人情報と実際の勤務の違いに不満を述べたアルバイトに「不満があるなら辞めれば良い」, 毎日のようにメールを送る。交際相手の有無を尋ねる。海外出張時には女性学生に同じ飛行機やホテルを取るよう勧め、女性学生が別のホテルを取ると、その部屋までついていった, 女性学生を外出や食事に計13回誘った。3回、温泉施設などに、自身の車で女性学生と外出。しつこい誘いに不快感, 指導にあたっていた男性学生に頭突きをしたり暴言を浴びせた。過去にも学生らに暴言を吐き、2度にわたって文書による訓告, 学生の就職の内々定を取り消す方法を大学側に尋ね、内々定先の企業に連絡を取ろうとした。また、研究室にいなかったことを批判し、学生らが登録するメーリングリストで「留年してください」などと送った, 長時間の説教、口を利かないなどの言動を繰り返し、自らが望む行動を強要。1人が2015年頃に自殺, 「指導の見返り」として食事及び遊びに付き合うことの強要、手を握る、肩をもむ、ハグ、キスの身体接触、交際の要求, 就職を希望する企業への推薦書を合理的な理由もなく書かなかった。、感情的になり恐怖を感じさせるような激しい口調で指導した, 停職6か月。181109鳥取地裁判・藤澤裕介裁判長が懲戒処分の取り消しを命じ。190520高裁で, 強制わいせつ罪で懲役1年6月、執行猶予3年、最高裁上告が1803xx棄却。180317懲戒解雇, 肩を数回たたいたり、泊まりがけのゼミ合宿を提案。好意を持っていることの相談を電話で30回以上行った, 1年以上、性器を触る、学生の下宿先に泊まり添い寝をする、一緒に風呂に入るなどの行為を繰り返した, 研究室や学外で体を触ったり、みだらな言葉をかけたりして、登校できないほどの精神的ダメージを与えた, 抱きついたり、椅子に座らせ手首をさすった。連日、深夜から早朝まで「LINE」で恋愛感情を伝えた, 毎朝のミーティングを少なくとも1時間半にわたって行い、大声で問いただしたり、叱ったりした, 2013年10月から昨年6月ごろにかけて計3回、学生を学外に呼び出し、抱きついたり手を握った, 昨年8月のネパールでの研究旅行中、無理やり3回キスをした。キスした女性学生の下着の写真がパソコンに保存されていた, 学生が使っていた電卓にはさみを突き立てるなどの嫌がらせを繰り返した。「うそをつくのは親がうそつきだから」などと発言、学生は直後に休学。2012年11月~昨年6月、別の複数の学生に対しても、日常的に「返事しろ」などと大声で叱責し続けた, 2012年4~6月、大学院生3人が受講する講義を「学生の能力が講義レベルに達していない」などの理由で途中で打ち切り、単位を与えなかったほか、研究室で院生2人を「頭が悪い」などと叱責し、謝罪させた。さらに、在籍する院生・学部生14人に対し、一日の研究内容の報告を義務付けるなど、過度に干渉した, 平成20年1月から元教授から退職を強要され続けたが拒否。元教授は21年1月以降、元准教授の患者を制限するなどし、研究や診療の機会が減らしていた。元准教授は23年7月、同科教授会の決定で再任用されず、任期が終了した, 2011年4月と7月の2回、研究室の宴会で米沢市内の居酒屋やカラオケ店で女性学生の肩を抱いた。研究室の学生に日常的に感情的に怒鳴る。, 1998〜2010年度。研究室の大学院生や学部生の男女4人に、論文を提出する段階になって、全て書き直すよう指示したり、体調を崩した学生に「死んでも研究を続けなさい」というなどの言動, 2010年11月から1年以上にわたって女性教員の体を触ったり、飲食にしつこく誘ったりしたほか、不適切な内容の発言を行ったり、メールを送信したりした。さらに、長時間の打ち合わせを頻繁に行い、私的な話題を持ち出した, 平成23年10月に女性用下着を盗撮するなどの目的で女性居室内に侵入した。また、平成24年10月には家屋内をのぞき見る目的で、女性居室の浴室をデジタルカメラで撮影し、住居をのぞき見た。さらに、平成24年11月には書店において女性のスカート内をデジタルカメラで撮影した。, 諭旨解雇。住居侵入 (刑法130条前段)、軽犯罪法違反 (1条23号) 等の刑法犯に該当, 好意をほのめかすなどしたメールを携帯電話で約60通送った。うち約20通は深夜に送った。, 去年5月ごろ、未成年の女子大学生4人と深夜まで酒を飲んだうえに、大学に実 在する女子大学生の名前を挙げて、「2、3人と交際して、性的な関係があった」などとわいせつな話をした, 2007~10年ごろ、女性職員と女性研究生に繰り返し性的な発言、性的な関係を迫った, 女性学生1人に、2006-2010年まで、抱きつく。1週間に5回、食事に誘い、断られると研究室を変わるよう求めた。「志望する就職先に不利になる働きかけをする」と脅した。6人の男性学生に「研究内容が悪いので研究室を変われ」などと暴言, 准教授(30代)は07年、当時修士課程にいた妻(20代)と結婚。その前後から准教授の上司で妻の指導教官でもあった男性教授が、資料作成業務や学会準備、会議などから准教授を外して賞与査定を低く抑え、周囲に「公費で妻と旅行している」などと話していた。妻や周囲にも「女性に研究は無理。博士課程に進学せず専業主婦になれ」「彼女は夫に論文や学会発表を代筆させている」などと事実無根の中傷する内容の発言を繰り返した。大学のハラスメント対策委員会に計15回申し立てたが、受理されたのは4件のみで、九州大学を被告に裁判で計60万円の損害賠償を求める訴え。聴き取り調査では委員が「教授と准教授は対等でハラスメントは成立しない」などと主張していた, 昨年6月、授業で関わった女性学生と親密な関係になり、2人きりでドライブに出掛けたり自宅に宿泊させた。ラブホテルに誘う。疎遠になると、他の学生に「女性学生と付き合えば、単位はどうなるか分からない」などと、権力的な発言を繰り返していた, 研究室に所属する学生に「犬以下」などの暴言を吐いたり、飲み会の席で女子学生の体を触る, 夜間にそれぞれ呼び出して飲食。1日の行動をメールで報告するよう強要した。他の性的な行為, 権力を振りかざし、学部内の職員達を威圧し、他の女性教師達のうわさを広め、授業への遅刻、自分の意に添わない学生の成績を歪める, 学期末試験会場で「犯罪者」「ストーカー」などと発言。身に覚えがなかった。試験終了後に教授室を訪れると、教授から土下座を強要され、頭を踏みつけられた。頭を丸め、反省文を提出するよう求められた, 2009年5月、自宅に講師や学生ら約10人を招いた際、講師に抱きついたり、キスをしようとしたりした。また、09年度中にこの講師や他の職員、学生らに「今晩僕のベッドにどう?」といった発言を繰り返した, 04年4月から07年2月まで院生と交際。院生の論文について「自分が教授会でふさわしくないと演説したら×が増える」などと話し, 2008~10年、生活態度などをゼミで長時間叱責(しっせき)したり、インターンシップへの参加を阻止するなど威圧的な言動を繰り返した, 0202Aさんと友人の院生Bさん同席の場で、Aさんが修士論文の共著での発表を断ると、共著を強く勧めるメールを何度もだした。0412Bさん退学。0711Aさん退学。AさんとBさんは研究生活の道を事実上断たれた, 0202Aさんと友人の院生Bさん同席の場で、Aさんが修士論文の共著での発表を断ると、当時存在しない留年処分をBさん言い渡した。031110不特性多数の学生の前でAさんとBさんを名指しし、イギリスならそのような学生は病院に行かせて終わりだと思う旨の発言をした。0412Bさん退学。0711Aさん退学。AさんとBさんは研究生活の道を事実上断たれた, 抱きついたり肩や顔を触るなどを日常的に繰り返した。08頃、複数の学生が大学に相談、発覚。大学側は0906に男性教授に文書で注意したが、その後も学生から訴えが相次いだ, 07年1月以降、学内や酒席などで、女性学生や同僚教員の体を触ったり、学生への指導の際に長時間、声を荒らげたりして、精神的な苦痛を与えた, 面会などを求めるメール約180通を送信。食事に誘い、県内の宿泊施設で一緒に入浴する, 7件。昨年10月から今年8月にかけて、女性学生に性的なメールを送信。学生に「単位をやらない」といった趣旨のメールを送った, 2007年4月ごろから「自分は性行為が好きだ」などとの発言を繰り返した。今年2月には、研究室で「一度だけ」と言いながら肩を触る。学位取得に必要な論文の草稿を2度にわたり放置。院生は論文を学会などに提出できず、博士課程を修了できなかった。, 博士論文、2年連続受け取り拒否され、自殺。具体的な指示を与えず、適切な指導を行わなかった結果, 身体的接触。飲食店で女性学生の胸に顔を近づけて、一緒に携帯で写真を撮ったほか、留守番電話に「折り返し電話よろしく。変態おじさんです」などの不愉快なメッセージを残した, 0805懇親会で自分の席に呼びつけて体を触ったり、解散後も肩や腰に手を回し「スナックに行こう」などと迫った, 太ももを触ってきたので、拒否。「バカに話をしてもしょうがない。お前には話をしてもムダだ」などとの暴言を患者の前で, 5月中旬、自分の専門分野に興味を持っていた女子学生を自宅に呼び、拒否したにもかかわらず長時間、体に触った。, 05年10月下旬に研究でベトナムを訪れた際、飲食店で偶然出会った大阪の大学から来ていた女性留学生に強引にキスをし、身体を触る, レポート締め切り過ぎても出さないので催促のメールを送った。070115までにレポートを出さないと即留年。指導が強圧的で、他の学生に対しても人格を否定するような暴言、セクハラ発言。070115自殺, 昨年7月、出張先のモンゴルで同じ訪問団に参加していた学外の女性が宿泊しているテントに入る, 学生との飲み会の写真撮影で、特定の女性学生の腰に手を回した。会合終了後に「きょうは楽しかった」とメールも出したという。教室でも「君は美しい」「会うとドキドキする」などと声を掛けていた。, 3年間、英語で下着の色やガードル着用の有無を質問するメールを多数送ったり、教授室や廊下などでつぼマッサージと称して体に触った。女性は「大学にはもういたくない」と既に退職, 4月下旬の夜、学業の相談に乗ると女性学生を誘い、徳島市内の飲食店で食事をした後、同市内のホテルに泊まった, 1999年5月18日飲食をし,その後タクシーで自宅まで送り届けるまでの間に,性的な発言をしたり,身体に触ったり,キスをした, 2001年4月から04年4月にかけて、授業中、女性学生1人を名指しで性的に不快感を与える発言をしたり、深夜に携帯電話をかけたりするなど性的嫌がらせを繰り返した。またこの女子学生と計39回、男女関係に関する内容のメールをやりとりした。, 1999年11月上旬,それぞれ米国で開催された別の学会に参加した。その帰途,サンフランシスコで合流しホテルニッコーに宿泊した。夕食後,同ホテル内で飲酒し、ダンスをし。キスをした。意に反したものであり、不快感を与えた。性的関心を露骨に表現した英文のEメールを送った。初期の研究課題である移植免疫に関する研究の遂行が困難となった, 女性学生に海外旅行に同行するよう重ねて誘い、断られると繰り返し侮辱的な言葉で非難。「自分の指導の下に戻らないと学位を与えない」などと電子メールを繰り返し送る, 指導していた女性学生に性的関係を強要。別の女性職員にも99~02年に同様の行為をした。, 鳥取市内の居酒屋で飲食し,強度の酩酊状態にあった女性学生をラブホテルに連れて行き,翌朝にかけて,衣服及び下着を脱がせ,目を覚ました女性学生をベッドに押し倒す, 研究室に呼ばれてキスを迫られた。飲み会で手や太ももを触られた。就職指導で『君には無理』と露骨に言われた, 1993年12月、当時31歳の女性留学生(既婚)がワープロを操作中、突然後方から強く抱きしめ、キスをした。何とか逃れて非難したところ、謝罪の言葉を述べた。10日後の午後7時ころ、論文をチェックしてもらうため教官室を訪ねると、突然抱きつき、セーターを無理矢理脱がせようとし、セーターの胸あたりまでめくりあげた。別の日、実験室の床に押し倒して、その服を脱がせようとした。, ロシア調査旅行中のホテルで性的な話をし、客室に鍵を掛けて原告を監禁、強姦しようとした, 大人げない態度であると執拗に非難したメールを繰り返し送る(メールのやりとりは印刷して60ページ), 入試の答案採点会場全員の前で、低劣でひわいなセクシュアル・ハラスメントの発言を繰り返した, 研究界や大学での上下関係で行なわれる性不正・アカハラをここで記事にする。研究者が研究界とは無縁な人に性不正をしたときは、わいせつ罪、強制性交罪などで日本の事件は記事にしない。外国の事件のみ「研究者の犯罪事件一覧(除・日本)」にリストし、記事にした。, 外国の事件のみ「研究者の性不正・アカハラ事件(除・日本)」に記事を掲載した。研究者の, 「職」は、事件後に研究職(または発覚時の地位)を続けた(〇)、やめた・続けられなかった(Ⅹ)。大きく降格(▽)、該当せず(ー)。.

ディズニー Eチケット 譲渡 12, ジャニーズ 名言 平成ジャンプ 9, Pubg モバイル 零点距離 11, 全速力 で走る 吐き気 15, Asus タブレット 完全放電 16, Pubgモバイル 感度 ジャイロ 39, Rpgツクールmv 素材 ダウンロード 22, Pubg Ipad できない 4, ロクロク パチンコ 評価 7, 足の甲 痛み 何科 7, ライズ 残 価設定 5, Css 背景色 透過 白 13, ユピテル Ygn 比較 9, Gold8 Service Limited 24, Android Webview 真っ白 11, セカンド アクト Dvd 5, あおり運転 サイド ナンバー 6, 2020年はいいこと ある よね 射手座 5, 50代 写真写り 悪い 7, Pc Ls150ssr 分解 12, 堂本光一 F1 解説 20, Javascript Json 初期化 8, 雑談たぬき アク禁解除 方法 5,

Comments are closed.